ホーム > トピックス > 哺乳類 > 翼手目 > オオコウモリ科 > ヤエヤマオオコウモリ
ヤエヤマオオコウモリ
学名:Pteropus dasymallus yaeyamae

ヤエヤマオオコウモリ(2007.3.14 西表島)
Data
和名 ヤエヤマオオコウモリ
分布 宮古島,八重山諸島
頭胴長 19〜25cm
エサ イヌビワ,アコウの果実,花,花粉,葉
コメント
八重山諸島に生息する大型のコウモリ。
南西諸島に生息するクビワオオコウモリの1亜種。
洞窟内には棲まず、普段は木の枝などに止まっている。
夜行性で夕方から夜にかけて主に果実や花,葉などを食べている。
撮影メモ 2007年3月の西表島旅行で出会った96種目の生き物。夕方の4時半、森林内の林道を出ようとしたところ、木の枝を歩く大きな本種を発見し、夢中でシャッターを切った。飛び去るまで数十秒間しかなかったが、いろいろなポーズを撮影できた。
 
95種目 96種目 97種目
PHOTO

木の枝を歩く本種@
(2007.3.14 西表島)

木の枝を歩く本種A
(2007.3.14 西表島)

木の枝を歩く本種B
(2007.3.14 西表島)

飛翔中の本種
(2007.3.14 西表島)
 
先頭ページへ





当サイト内の画像の無断転載を禁じます。
Copyright© 2002-2013 Takuro Tsukiji.

 
 |  ◄ 戻る | サイトのご利用について  |