ホーム > > スズメ目 > ツバメ科 > イワツバメ
イワツバメ
学名:Delichon dasypus

川の上空を飛行するイワツバメ(2015.4.12 酒匂川)
Data
和名 イワツバメ
全長 約15cm
鳴き声 ジュリリリリ 
コメント
ツバメの一種。
ツバメと同様に春から渡って来るが、イワツバメは尾羽が短く、色彩も地味。
背面は黒色で腰の部分が白色。
飛行しながら虫を捕食している。
建物の軒下や崖地などに泥で小さめの巣を作る。
春頃に渡って来る。
雌雄同色。

4月12日に酒匂川上空で多数の本種が飛び交っており、たくさん撮影しているとイワツバメの顔の前方に小さい虫が写っているものがいくつかあり、捕食しているのが分かった。
6月13日には橋の裏に巣を発見し、親鳥と雛が確認できた。
PHOTO

川の上空を飛行するイワツバメ@
(2015.4.12 酒匂川)

川の上空を飛行するイワツバメA
(2015.4.12 酒匂川)

イワツバメの巣と親鳥
(2015.6.13 酒匂川)

親の帰りを待つ雛
(2015.6.13 酒匂川)
 
先頭ページへ


 
 



当サイト内の画像の無断転載を禁じます。
Copyright © 2002-2018 Takuro Tsukiji.

 
 |  戻る  |  先頭ページへ  |