ホーム > トピックス > 哺乳類 > モグラ科 > ヒミズ
ヒミズ
学名:Urotrichus talpoides

ヒミズ(2009.4.30 静岡県)
Data
和名 ヒミズ
分布 本州,四国,九州
エサ ミミズ,昆虫,ムカデ,クモなど
コメント
日本固有種の小型モグラ。
有名なモグラの仲間のアズマモグラ(Mogera imaizumii)やコウベモグラ(Mogera wogura)に比べると小型で、前足も小さい。
尾は棍棒状、鼻は細長い。
地下深くは潜らず、林内の腐葉土層に潜って生活している。ヒミズは「日見ず」という生態に由来している。
 
写真は4月30日に、静岡県の低山地の林縁で撮影したもの。死骸ではあるが、死んで間もない新鮮な個体で、まったく臭くなかった。アズマモグラかと思ったが、雰囲気が異なるので、ネットで調べて初めてヒミズだと分かった。
PHOTO

頭部
(2009.4.30 静岡県)

前足
(2009.4.30 静岡県)
 
先頭ページへ





当サイト内の画像の無断転載を禁じます。
Copyright© 2002-2013 Takuro Tsukiji.

 
 |  ◄ 戻る | サイトのご利用について  |