ホーム > > スズメ目 > ホオジロ科 > ホオジロ
ホオジロ
学名:Emberiza cioides

木に止まる♂(2015.2.11)
Data
和名 ホオジロ
全長 約17cm
鳴き声 チチ,チチチ 
コメント
スズメほどの小さな鳥。
顔は白と黒の帯状の模様があり特徴的。
頬が白いという意味の和名とは裏腹に黒い。シジュウカラのほうがずっと頬が白い。
尾羽は比較的長い。
♀では全体的に色が淡い。
雑食性で繁殖期は主に虫類を食べるが、冬は主に植物の種子を食べる。

あまり身近ではお目にかかれないが、小さな山を登った見晴のよい草原に5,6羽の集団を見ることができた。最初は木の茂みに隠れていたが、待ち続けたところ、♂が目の前の木に止まってくれた。エクステンダーを付けた400mmの望遠ズームレンズを手持ち撮影していた為、その重さに耐えきれずカメラを降ろしている間に♂が飛んで行ってしまったが今度は♀が止まってくれた。その後、5,6羽が地面に降りて草の種子などを啄んでいた。
3月に酒匂川に行ったところ、河川敷に多く見られた。
PHOTO

木に止まる♂@
(2015.2.11)

木に止まる♂A
(2015.2.11)

木に止まる♂B
(2015.2.11)

餌を探し地面を歩き回る♂
(2015.2.11)

木に止まる♂C
(2015.3.22 酒匂川)

木に止まる♂D
(2015.3.22 酒匂川)

木に止まる♀
(2015.2.11)
 
先頭ページへ


 
 



当サイト内の画像の無断転載を禁じます。
Copyright © 2002-2018 Takuro Tsukiji.

 
 |  戻る  |  先頭ページへ  |