ホーム > > ハト目 > ハト科 > カワラバト
カワラバト
学名:Columba livia

海岸に飛来したカワラバト(2015.2.7)
Data
和名 カワラバト
全長 約33cm
鳴き声 クー クー,ゴロッポ ゴロッポ 
コメント
全国的に最も普通に見られるハト。
日本にいるのはカワラバトがヨーロッパで家畜化されたものでドバトとも呼ばれている。
草食性で植物の種子や穀類などを食べる。
首の周辺が虹色の光沢があるのが特徴的。
体色には変異が多く、白化したものから黒化したものまで様々。
人慣れしており、森林よりも開けた公園や駅のホームなど人工的な場所に多い。
PHOTO

海岸に飛来したカワラバト
(2015.2.7)

川にいたカワラバト
(2015.1.24)

橋の欄干に止まるカワラバト@
(2015.1.2)

橋の欄干に止まるカワラバトA
(2015.1.27)

黒っぽい個体変異
(2015.1.17)
 
先頭ページへ


 
 



当サイト内の画像の無断転載を禁じます。
Copyright © 2002-2018 Takuro Tsukiji.

 
 |  戻る  |  先頭ページへ  |