ホーム > シミ目
  シミ目
 
シミ目(双尾目)には世界に4科約370種、国内には2科14種が生息しています。
イシノミ目と同様、翅の無い原始的な昆虫で、灰色や銀色の鱗粉で被われ、尻部に三本の尾毛(中央は尾糸と呼ばれることがあります)があるのが特徴です。
鱗粉の色と素早く走るところが、きらきらと鱗が光る魚を連想させ、衣魚、或いは紙魚と書かれてシミと呼ばれるようになったそうです。英名も同様、銀色の魚、Silver-fish(シルバーフィッシュ)です。
シミの仲間にはシミ科,メナシシミ科があります。メナシシミ科の仲間は大変小さく、アリシロアリの巣に生息しているので、通常目にすることはありません。よく屋内害虫とされているのは、シミ科の仲間で、繊維類や乾物を好む為、衣類や食物などを食べることがあります。
寿命は数年と長く、脱皮回数も決まっておらず、死ぬまで脱皮を繰り返します。
 
 
  シミ科
 
 
 
先頭ページへ



 
 
当サイト内の画像の無断転載を禁じます。
Copyright© 2002-2017 Takuro Tsukiji.

 
 |  ◄ 戻る | サイトのご利用について  |