ホーム > トピックス > 鳥類 > カモ目 > カモ科 > バリケン
バリケン
学名:Cairina moschata var.domestica

バリケンのペア(2007.3.12 西表島)
Data
和名 バリケン
全長 66〜84cm
鳴き声 不明 
コメント
メキシコ〜南米に生息するノバリケン(Cairina moschata)を家畜化した大型のカモ。
眼から嘴にかけて赤い皮膚がむき出しになっている。♂は白と黒の斑模様をしているが、♀は全身白色。
♂の斑模様は個体差が大きく、頭部まで黒くなるものも見られた。
撮影メモ 2007年3月の西表島旅行で出会った20種目の生き物。池の周囲に複数の大きな鳥がいて、調べたところ本種だった。撮影時は野生の水鳥と思い、望遠マクロレンズで撮影していたのだが、人慣れしていて近づいてもまったく逃げなかった。農家の人が飼育しているものだったが、柵もなく自然状態で放し飼いにしてよく逃げないものだと思った。
 
19種目 20種目 21種目
PHOTO


(2007.3.12 西表島)

ペア
(2007.3.12 西表島)

♂の頭部
(2007.3.12 西表島)
 
先頭ページへ





当サイト内の画像の無断転載を禁じます。
Copyright © 2002-2013 Takuro Tsukiji.

 
 |  戻る  |  先頭ページへ  |