ホーム > 甲虫目 > コガネムシ科 > ハナムグリ亜科 > カナブン
カナブン
学名:Pseudotorynorrhina japonica

カナブン(2006.7.15)
Data
和名 カナブン
体長 23〜31mm
分布 本州,伊豆諸島,隠岐,四国,九州,壱岐,対馬,五島列島,下甑島,屋久島,種子島,黒島
出現期 6〜9月
エサ 主にクヌギ,コナラの樹液
コメント
樹液に来るもっともポピュラーなコガネムシ。
銅色の個体がほとんどだが、緑色まで連続的な体色変異がある。
アオカナブンRhomborrhina unicolor)も緑色だが、本種よりも明るい緑色で角度により緑・黄・オレンジ色に輝く。
本種が属するハナムグリ亜科の仲間は頭部が四角く、大きな三角形の小楯板が特徴である。
また、上翅は閉じたままで飛翔することができ、飛翔中腹部が無防備にならない。
昼行性で、特にクヌギの樹液を好み、夏場は必ずといってよいほど多数の本種が集まっている。
 
身近にいる近縁種にクロカナブンRhomborrhina polita)やアオカナブンRhomborrhina unicolor)がいる。
PHOTO

カリンの樹液に来たカナブン@
(2006.7.15)

カリンの樹液に来たカナブンA
頭部は四角く特徴的。
(2006.7.15)

カナブン
(2002.8.14)

前から見たカナブン
四角い頭部が特徴。
(2002.8.14)

カナブンの3齢幼虫
うつ伏せで歩く。
(2001.5.6)
 
先頭ページへ
 
 



当サイト内の画像の無断転載を禁じます。
Copyright© 2002-2014 Takuro Tsukiji.

 
 |  ◄ 戻る | サイトのご利用について  |