ホーム > 甲虫目 > ゲンゴロウ科 > ゲンゴロウ亜科 > ゲンゴロウ
ゲンゴロウ
学名:Cybister japonicus

ゲンゴロウ(2006.3.13)
Data
和名 ゲンゴロウ
 別名:ホンゲンゴロウ,ナミゲンゴロウ,オオゲンゴロウ
体長 33〜40mm
分布 北海道,本州,四国,九州,西表島
出現期 4〜10月
エサ 肉食性。弱った小魚や昆虫、ミミズなど。
 タガメなどのように生きたものだけ食べるわけではなく、臭いによってエサを探し、体内消化で摂取する。  ドジョウなどの死体やミミズなどを好む。煮干でもよいが、食いはあまりよくない。
幼虫も肉食性だが、アゴから消化液を出し体外消化を行なう。エサはアカムシやオタマジャクシなどを幼虫の大きさに合わせて与えるとよい。
飼育難易度 ★★★☆☆
 大変丈夫で有機的な汚染にも強いので飼育自体は容易だが、エサや摂取法により、大変水を汚しやすいので、こまめな水替えが必要となる。
元気な魚などはエサとしないため、熱帯魚などと一緒に飼育することも可能だが、甲羅干しするために陸に上がる必要があるのと、飛翔するので陸と蓋が必要となる。
 飢えにもかなり強く、1週間ほど放置しても元気であった。  抽水植物などの太い茎の部分に卵を産み付ける。
産卵に適した水草はセリ,クワイ,オモダカ,コナギなどの抽水植物、他にホテイアオイの太い茎やランナーにも産卵する。
幼虫は共食いが多いため、単独飼育が望ましい。幼虫も尻を水面に出して呼吸するため、水深を幼虫の体長と同じにするか水草などの足場を設ける。
成熟した3齢幼虫は陸に上がり、土の中で蛹室を作り蛹化・羽化するため、陸地を再現する必要がある。
羽化した新成虫は数日で活動を開始するが、まだ柔らかいため、他の成虫と一緒にするとエサとなってしまうので、2週間ほど体が固まるまで単独飼育する必要がある。
コメント
日本最大級の水生の甲虫。
ゲンゴロウは水生昆虫の中で、もっとも人気がある。
黒い体色に黄色い縁取りがとても印象的な甲虫で、体色は見る角度で緑色や赤色に変化する。

種類も大型のゲンゴロウ属の仲間やゲンゴロウモドキ属,中型ゲンゴロウの仲間など国内だけでも約100種類が生息しているらしい。
本種は世界に広く分布しているゲンゴロウの仲間の中でも最大となる。
累代飼育は経験が必要であるが、成虫飼育は非常に容易で寿命も長く5年も生きることさえあり、ペットとして最適である。
後脚が発達していて、泳ぎが大変上手く、素早く泳ぐことができる。
 
日本に生息するゲンゴロウ属(Cybister)の仲間は以下の7種。
学名 和名 分布
Cybister japonicus ゲンゴロウ 北海道,本州,四国,九州,西表島
Cybister tripunctatus orientalis コガタノゲンゴロウ 本州,四国,九州,南西諸島
Cybister lewisianus マルコガタノゲンゴロウ 本州,四国,九州
Cybister breviss クロゲンゴロウ 本州,四国,九州
Cybister limbatus フチトリゲンゴロウ 南西諸島
Cybister rugosus ヒメフチトリゲンゴロウ 南西諸島
Cybister sugillatus トビイロゲンゴロウ トカラ列島,南西諸島
 
関連リンク  ゲンゴロウ飼育記
PHOTO

泳ぐゲンゴロウの♂
(2006.3.13)

空気を取り入れるゲンゴロウ
お尻を水面に出して、背中と翅の間に空気を溜めている。
(2006.3.13)

ゲンゴロウの♀
♂の上翅はツルツルして光沢があるが、♀には光沢が無く、上翅に細かい筋がある。
その他、♂の前足には吸盤が付いているが、♀にはないので、雌雄判別は容易である。
(2005.4.16)

臭い汁を出すゲンゴロウ
掴んだりすると口から青白い汁を出す。汁には酸っぱ味のある臭い匂いがあり、天敵から身を守る効果があると思われる。
(2005.4.16)

ゲンゴロウの後脚
後脚はよく発達して、船のオールのような役目をして素早く泳ぐことができる。
(2005.4.24)

交尾行動
♂は前足の吸盤を使ってしっかりと♀を捕らえることができる。
(2006.3.13)

交尾
♂は前脚にある吸盤で♀にしっかりと掴まることができる。
お尻を水面に出して呼吸をしながら交尾していることも多い。
(2005.8.12)

背面から見た交尾
(2005.8.12)

交尾器のアップ
(2005.8.12)

刺身を食べる本種
刺身のような柔らかいものは大好物でよく食べる。
(2005.8.17)

ミミズを食べる本種@
(2005.8.13)

ミミズを食べる本種A
煮干も食べるが、生きたミミズや刺身など生肉が大好物で、あっという間に食べ尽くしてしまう。
(2005.8.13)

ミミズを食べる本種B
前脚と中脚で獲物を捕らえて強力なアゴで食べる。
(2005.8.13)

ミミズを食べる本種C
強力なアゴで肉質を噛み切りながら食べる。
(2005.8.13)

ミミズを食べる本種D
頭部のアップ。
(2005.8.13)

産卵跡
太い水草の茎の内部に産み付ける。
(2005.8.17)
 
先頭ページへ
 
 



当サイト内の画像の無断転載を禁じます。
Copyright© 2002-2014 Takuro Tsukiji.

 
 |  ◄ 戻る | サイトのご利用について  |